知っておこう!女と男で自営はここが違う!

女性は女性ならではの強みを活かせる商売が多いです

自営業というと男性が多いというイメージがありますが、最近は自営する女性が増えています。何故なら、自宅で開業できるため家事や育児と両立させやすいからです。ところで女性が自営業をする場合、女性ならではの強みを活かせる商売が数多くあります。一般的に男性よりも女性の方が、細やかな気遣いができたり、家事や育児経験が豊富だったりします。そのため、女性が行う自営は身近なものを取り扱った商売が多いです。その1つが美容系サロンの開業です。ネイルアートやヘアサロンなどの美容系は、女性を中心に需要が高いため、女性が開業しやすい自営業なのです。また育児や子育てを経験している女性は少なくないため、育児系ビジネスも女性の方が有利な商売です。

家族から商売を引き継ぐケースが多いです

一方男性の自営業の特徴としては、家族から商売を引き継ぐケースが多い点が挙げられます。もちろんインターネットが発達した現在では、ネットショップやドロップシッピングなどを行う自営業の男性も少なくありません。しかし男性の場合、親が始めた商売を引き継いだり、代々続いている家業の後継ぎとして支えていくケースがとても多いです。そのため、跡取り候補として若いうちから、現場で働くことも決して珍しくありません。さらに同業他社との競争に対応するために、伝統を守りながら新しいやり方を考える知恵や工夫が必要です。また代々続いている商売を次の世代に引き継ぎたければ、若いうちからパートナーの女性を探し続けることが求められるのです。

開業医は大変なことが多く、院内の設備にお金がかかったり、宣伝に時間をかけなければならなかったりします。