男性の自営業

男性の中には、脱サラをして自分で起業する人も意外と多いですよね。男性の自営業は、メリットが多いのでしょうか?またどのような点が難しいのかも知っておきたいものですね。脱サラを考えている男性や自営に興味ある人必見です。

脱サラしてまで自営したいと思う魅力とは?

自営業になれば、基本的に勤務時間を自分で決められます。サラリーマンのように定時はありません。働きたいときに働いて、仕事がなくなれば休むことができるのです。また、働きすぎないように、仕事時間を自分で…

男が自営業をすることの楽しさと厳しさ

会社で働くサラリーマンも多いですが、自営業として仕事をしている人もいます。男性が自営業として働くメリットとしてあげられるのは、自由度が高く好きな形で仕事ができる点です。会社で仕事をする場合は人間関…

知っておこう!女と男で自営はここが違う!

自営業というと男性が多いというイメージがありますが、最近は自営する女性が増えています。何故なら、自宅で開業できるため家事や育児と両立させやすいからです。ところで女性が自営業をする場合、女性ならでは…

独立するならフランチャイズ

独立して起業したい人はフランチャイズがおすすめです。会社のノウハウ等を伝授してもらえて、リスクの少ない起業ができます。

女性の自営業

今や女性でも、さまざまな事業を起業する人が増えています。女性はお店をオープンする人が多い傾向にありますが、一体どのような魅力があるのでしょうか。女性が自営業を行うにあたって生じるメリットと難しさについて紹介します。

女性が自営業をするにあたって気を付けるべきこと3点

女性目線を活かせる自営業に注目

女性が自営業をはじめるときは、女性らしい視点や考え方を活かすことが重要になります。例えば、オンラインショップやセレクトショップなどの経営では、巷の流行や話題性を素早く察知するアンテナが必要です。また、ドックカフェや絵本カフェなど、女性が好むアイテムをプラスして、独自性を出すビジネスも有効でしょう。さらに、ファイナルプランナーや社会保険労務士など、人当たりの良さが求められる職種でも、女性が活躍できます。介護や看護、家事代行なども、女性のきめ細やかな対応が評価される職種です。特に、女性客をターゲットにすることで、共感しあえる悩みや相談を受けやすくなります。さらに、女性起業家同士のネットワークを使うことで、幅広い人脈を活用できるでしょう。

起業するときはこの3点に注意しよう

ある程度事業が安定してくるまで、プライベートと仕事のバランスを保つことは簡単ではありません。特に女性の場合、夫や子どもなど、家庭の理解や協力も必要です。起業計画ばかりに着目するのではなく、事前に家族と話し合いをすることが自営業を成功させる1つ目のポイントです。また、ノリや勢いで自営業をはじめてしまうと思ったような収益を得られないこともあります。そこで、起業の準備段階で、事業計画の客観的な評価を得られるようにしましょう。これが、注意したい2つ目のポイントです。経営ノウハウや財務関係の知識も、自営業を継続するには欠かせません。必要なときに各方面の専門家からアドバイスを受けることが、3つ目に注意したいポイントです。